アスペルガー症候群などの発達障害の特性を持つ人は、社会や集団生活の中で問題行動を起こすことが報告されているいことが多いようですが、実際にはアスペルガー症候群の特性を持った人々自身が、周囲の人々との良好なコミュニケーションを保ちつつ、社会に大きく貢献するの輝かしい仕事をされていらっしゃる方々も数多く社会の荒波のなかで活躍しているようです。「発達障害」の特性を持つ子どもたちや大人たちが、社会的な問題を起こすといったような風潮がみられているようですが、定形型と呼ばれる人々におきましても、社会的な問題行動も報告されておりますので、「発達障害」の特性=社会的な問題行動を行う人々といった形で一方的な判断基準をあてがえてしまうことは、偏見やいぢめを防止するためにも回避していきたいところでもあります。