近年、発達障害の研究が進められておりますが、主な発達障害の特性としては 「ASD 」「ADHD」「 LD 」などが知られております。発達障害は、先天性の脳機能障害などと呼ばれておりますが 、「ASD 」は「自閉症スペクトラム」などとも呼ばれ、コミュニケーション能力や物事への適応能力などに偏りがあるなどとも言われ、知的な遅れが見られない場合は、アスペルガー症候群何とも呼ばれているそうです。「 ADHD 」は、「注意欠如/多動性障害」などとも呼ばれ、「不注意/多動性/衝動性」などが見られ、日常生活の中では落ち着きのなさが見られることが多いと言われております。「LD 」「学習障害」は、読み・書き・計算などの学習能力に遅れが目立ち、学校などの集団生活の中では、勉強が苦手な子供として映るケースが多いようです。その他にも「 DCD (発達性協調運動障害)」 「ADD (注意欠如障害)」なども発達障害の特性として知られております。これらの特性はそれぞれの特徴によって大きく分類されておりますが、実際に発達障害であるというような診断を受ける人々の中には、いくつもの障害が重なり合って併存している場合もあるようです。また発達障害特性は、成長することによって変化が見られる場合もあり、社会生活の中で様々な経験を経ることによって特性が目立ちにくくなる人もいれば、日常生活の中でさらなる困難を抱えてしまうれる方々もいらっしゃるようです。