職場などで「発達障害」の特性を持つ人々が、対人関係などで、多くの問題を抱えていることが、各種メディア報道などで配信されるなかで、それまで「発達障害」のことをまったく知らなかっいたというような人々にまで「特性」という存在が周知されるようになりました。職場の環境にうまく馴染めない彼らにストレスを解消してもらおうと、職場のメンバーで飲み会を開いたり、あえて大々的なミーティングなどをとりもつことは、かえって本人たちにとっては、大きなストレスとなってしまうこともあるようです。一般的な考えのなかでは、当人たちが職場などで対人関係にストレスを抱えているのであれば、飲み会などで会話をすることなどで、お互いに親しみをもって触れ合うことができれば、「特性」の問題も解決できるのではないかなどと考えがちではありますが、「特性」とは生まれながら脳機能の一部の働きがバランスが取れていないことが問題となっておりますので、飲み会などで会話が弾んだからといって、彼らの障害となっている問題が、簡単に解決するということではないようなのです。実際に対人関係を苦手とする「特性」を持った当人たちが、そういった会食に参加することは、非常に強いストレスを抱えてしまうことにもなりかねませんので、職場などで「発達障害」の「特性」をサポートする立場の方々は、彼らの個々人の「特性」をよく理解した上での解決策を練っていく必要があります。