発達障害を持つ子供たちが、集団生活の中で、周囲の子供たちが簡単にできているようなことに、つまずいてしまい苦手意識が強く出てしまうことがあるようです。周囲の子供たちは、簡単にできていることが、「自分にはできないんだ」というような劣等感や、取り残された気持ちが、彼らの中で自分は、「自分はダメな人間かもしれない」というような劣等感を生み出させてしまい」彼らの生活範囲や可能性を狭めてしまうようなこともあるのです。このような劣等感を抱いてしまった子供達に対して、周囲の大人たちが手を差し伸べてあげるとすると、まずは日常生活などの中で、小さな自信を繰り返しつけさせてあげると言ったような働きかけが良いでしょう。周囲の子どもたちとは、異なった目標を、まずは見つけ、その小さな目標をクリアしていくごとに、自信をつけさせてあげると言ったような、状況を作ってあげることです。このような成功体験が、彼らの自信や自尊心につながり、「自分にも出来る」というような認識を植え付けてあげることが大切ではないでしょうか。発達障害を持つ子供たちは、周囲の子供達との成長の違いなどに、自信も失ってしまったり、失敗を繰り返すことで、挑戦をしようとしなくなってしまうこともあるようです。そのような彼らの内面に周囲の大人たちが気付いてあげられることで、彼らの成長に沿ったサポートを行ってあげるようにいたしましょう。