発達障害を持つ子どもたちの中には、偏食が強く見られるような子供達もいるようです。彼らの中には、食べ物の歯ざわりや、食感に対する、独特な感覚や感性を持って特定の食べ物を嫌がる子供達もいるようです。栄養バランスを考える親御さんや、周囲の人々が無理やり食べさせようとしても、なかなか口にしてくれないことに、イライラしてしまったり大きな声を出して注意してしまったりするようなことがあるかもしれませんが、彼らにとっては特別な意識を持って拒否をしている、というような認識を持たなくてはなりません。発達障害を持つ子どもたちの感性の中に見られる特性として、周囲の子供たちが一般的に覚えるような感覚とは異なる独自のユニークな感覚を持ち得ていることがあるようです。偏食にも同じような事が言えるようで、独特な感性を持って、特定の食べ物を苦手とするような場合は、その食べ物のどんな感触や匂いや、味が、彼らにとって苦手であるのか、といったようなところを一緒に探ってあげると必要性があるようです。