6歳~18歳までの障害のある子供達や、発達障害を持っている子供たちなどに開放されている放課後など「デイサービス」をご存知でしょうか?放課後や長期間お休みの取れる、夏休みや、冬休み、春休みなどの期間に利用できる福祉サービスとされていま。2012年に児童福祉法によって制度化されているようです。子供達の「特性」や「障害」に配慮しながら、個別指導計画などに基づき学習面や生活面での支援を受けられるようです。現在では、民間の事業も参入しつつあり、多くの門戸が開かれるようになりました。各種相談窓口に関しては、各市町村の窓口になるようですが、子供達の支援を相談する主な相談窓口としては、子供たちが在籍する教育機関をはじめ、地域の教育センター、発達障害支援センター、様々な療育機関医療機関などが、その代表となります。教育機関などでは、実際に通学している学校の先生方や、カウンセラーなどへの相談窓口となるとは思われますが、各地域の教育センターなどでも、直接的に専門家が相談に応じている場合もあるようです。