発達障害を持つ子供達を、「叱る」中で、子供たちができないことを、叱ることは、良くないこととされています。発達障害を持つ子供たちは、生まれながらに、脳の機能の一部に障害を持っていることで、特定のことができないことがあります。そのような「障害」を叱ってしまうことは彼らにとって自尊心を傷つけてしまうことにも繋がります。強い言葉で叱るのではなく、具体的に、何がいけなくて、何をして欲しいのかというような、分かりやすい説明を行ってあげることが大切です。また、そのような説明の際に、曖昧な言葉を使うのではなく、ストレートにきちんと伝わるような、言葉遣いを行わなくてはなりません。また、彼らを、叱らなくてはならないような場面であれば、彼らがその行いをしているときに注意してあげなくてはなりません。時間を置いてから、先ほどの行動についてなどと言って、行動を指摘したとしても、彼らにとっては、何を叱られているのか、と言う状況を読み取ることができないことが多いようです。発達障害の子どもたちを、叱るような場合は、必ずその場で声かけをしてあげるようにいたしましょう。